スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
さくら祭り・・・さくらのお里帰り?
4月7日、8日と町田のさくら祭りがあった。
さくらとは去年のさくら祭りで出合った。
http://wonbat.at.webry.info/200604/article_5.html


はやいもので、あれからもう一年になる。
さくらを迎えたときから、
かっちゃんと約束していたことがあった。
この一年、ずっとこの日を楽しみにしていた。
それはさくら祭りにさくらを連れていくこと。
大事なうちの家族のひとりとして・・・


去年、多くのわんこがかわいい服をきたり、
おしゃれなハーネスやリードをつけて、
家族のひとりとして、
お花見に連れてきてもらっているのを見た。
でもそのとき、
さくらたちはずっと新しい飼い主を待って座っていた。
いろいろな人が集まってきて、
その度に見えない目を向けていた。
そのときのさくらの顔を今でもしっかり覚えている。


だから次のさくら祭りには、
さくらをうちの子として連れていこう、
女の子だから、かわいくおしゃれさせて
連れていこうとかっちゃんと決めていた。


新しいハーネスとリードもこの日のために用意しておいた。
小田原へいったときにかわいいお店を見つけて、
そこでさくらに似合いそうなバンダナも買っておいた。


さくら祭りの前日、
さくらを譲っていただいたボランティア団体の
代表の方に連絡をしたところ、
今年も里親探しをするとのことだった。


一年ぶりだね、元気にしているところを見てもらおう。
さくらの姿を見たら、きっと喜んで下さるよ。
あのとき、レスキューしてよかったって。
これからも頑張ろうって。


7日、いいお天気だった。
さあ、さくちゃん、一緒にいこう。
さくちゃんはうちの大事な娘だから。
ゆっくりお散歩がてら、歩いていこう。


ここのさくらは毎年咲くのが遅めだから、
ちょうど満開といったところ。
さくちゃん、覚えてる?
去年ここで出会ったんだよ~


sakucyan1.jpg

桜と柴わんこ、よく似合うでしょう?


sakucyan2.jpg

さくちゃん、今年も桜が満開だよ~ きれいだよ~


sakucyann3.jpg

うちの娘のさくらです。とっても美人でしょう?


sakucyann4.jpg

これからずっと一緒に歩いていこう。
歩けなくなったら、抱っこしてでもベビーカーに乗せてでも
お散歩させてあげるよ。
さくちゃんはお散歩、大好きだもんね!


さくらをレスキューして下さったのは
Friends of Animals (F.O.A) フレンズ・オヴ・アニマルズ。
南大沢駅前、町田市境川クリーンセンターで里親会をやったり、
さくら祭りなどのイベントの時に里親募集をしたり、
ニャンコハウス(たくさんの猫、犬を保護しているシェルター)で
室内里親会場などの活動をされている。


FOA1.jpg



FOA2.jpg



FOA3.jpg



FOA5.jpg



FOA6.jpg



FOA7.jpg



F.O.Aの方たちは、
一年ぶりのさくらとの再会をとても喜んで下さった。
さくらは覚えているかな?
きっと覚えているよね。


シェルターにいた期間はそれほど長くなかったが、
動物愛護センターで殺処分を待っている間、
他のボランティア団体さんがきても
ほとんど動かず、じっとうずくまっていて、
これでは・・・と連れていってもらえず、
F.O.Aでいかれたときに
はじめて立ち上がって歩いたと聞いている。
自分の命を救って下さった方たちのことを
忘れてはいないと思う。


目は相変わらずで治療中だが、涙やけはずいぶんよくなったこと。
白かったおひげも黒くなってきたこと。
乳腺腫瘍の術後も順調で、予後もよさそうなこと。
近所の方にも可愛がっていただいていること。
子どもたちが頑張って早起きをして、
毎日お散歩とお世話をしていること。
さくらがきて、命の重さに動物も人間も変わりないことを
子どもたちがわかってくれたこと、
さくらのことを書いた、かっちゃんの読書感想文が
市の佳作に選ばれたこと、
さくらがきてから、いろいろなことを教えてもらったこと・・・
いっぱい話をした。


話をしている間、お花見にきて里親募集に足をとめて
見ている人の何人かに
「あら、ここにも柴ちゃんがいるわ!」
「かわいいわね~」と里親募集の子と間違えられて声をかけられた。


「この子はうちの子です!!
去年の里親募集で譲っていただきました」と
かっちゃんと交互にはっきりいう。
さくちゃんはうちの子です、この子はダメですよ!!
あげませんよ~!!


さくらは今年こうやってうちの子として
さくら祭りにいくことができた。


でも・・・
でも、今年も新しい飼い主さんを待っている子たちが
いっぱいいるのだ。
去年のさくらと同じ目をした子たちがいっぱいいるのだ。


FOA8.jpg



FOA9.jpg



わんこもにゃんこもみんな連れてきてあげたい。
でも責任を持って飼う以上、お世話できる限界がある。
この子たちも1匹でも多く、
新しい飼い主さんと出会えますように・・・
本当にこういう地道な活動をされている方には
頭が下がる。


ありがとうございます。
さくらの命を助けて下さって。
ありがとうございます。
さくらと出会う機会をつくって下さって。
ありがとうございます。
多くの子たちの命を救って下さって。


これからずっと、さくらを大事にしていきます。
来年も再来年もそのまた次も・・・
さくらが元気でいる限り、一緒にさくら祭りに連れていきます。
スポンサーサイト
【2007/04/09 23:46 】 | わんこ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<お誕生日 | ホーム | もうすぐ1年>>
コメント
----
一匹でも多くの仔が幸せな家庭に迎えてもらえるといいですね。
同時に、飼う側の人間はどんな種類のペットであっても
飼いはじめる前に「自分に本当に飼えるか」
しっかり考えるように、
ブームに乗せられてアクセサリー感覚で飼うことが無いように
・・・なるといいんですが、なかなか難しいんですかね。。。

by:Hiroko | URL | #SVWlgnzY【2007/04/10 21:43】 [ 編集] | page top↑
-->Hirokoさん--
新しい飼い主さんを待つ子たちを見ていると、
本当に切なくなります。
一匹でも多くの子がいい飼い主さんと
巡り会えるように祈るばかりです。
自分は何をしていけばいいのか、
何ができるのか・・・
みんなで考えていかないとだめですよね。
by:wonbat | URL | #IoT/Y.so【2007/04/11 20:23】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。